ブレブレ・モヤモヤ・イライラ女の自分探しの旅 ②「インナーチャイルド」|Salon de bieH(サロン・ド・ビー)|東京都荒川区のサロン

  • HOME
  • お知らせ
  • ブレブレ・モヤモヤ・イライラ女の自分探しの旅 ②「インナーチャイルド」|Salon de bieH(サロン・ド・ビー)|東京都荒川区のサロン

こんばんは。

突然ですが、皆さんは幸せとは何だと思いますか?

どんな時に幸せを感じますか?

 

おいしいご飯を食べているとき?

友達と遊んでいるとき?

家族といるとき?

好きなものを買えるとき?

子どもが言うことを聞いてくれるとき?

 

いろんな状況がありますよね。

どれも幸せな瞬間なんだと思います。

 

でも、それは本当の幸せですか?

もしおいしいご飯が食べられなかったら・・・

友達がいなかったら・・・

家族といられなかったら・・・

お金がなくて好きなものを買えなかったら・・・

子どもが言うことを聞かなかったら・・・

 

幸せではないですか?

 

幸せとは何でしょう?

 

今並べたものは全部自分の周りの物や人によってもたらされるものですよね。

 

実はそのような幸せは一時的なものであり、

本当の意味での幸せとは少し違うのかもしれません。

 

私たちがモヤモヤしたりイライラしたりするのは

幸せを感じられていないからであり、

その原因は、実は自分の中にあるのです。

 

自分で自分を満たすことができていないことが原因なのです。

 

最近では「インナーチャイルド」という言葉をよく耳にしますが

心理学で「幼いころに傷ついた心」のような意味で使われます。

 

話は少しそれますが、先日サッカー日本代表の長友佑都選手が

長い海外生活を経て、また海外で自身も子育てをする中で

日本と海外の大きな違いについて言及されている記事を読みました。

その中で、日本は圧倒的に子どもに対する愛情が足りないと感じる

と言われていました。

 

確かに私もアメリカにホームステイしたり、日本にいる外国人家族を見たりするときに

子どもに対する接し方がまるで違うと感じます。(一般的な日本人家族に比べて)

 

インナーチャイルドは幼少期の私たちの心に刻まれているもの。

そして私たちもまた自分の子どもに刻んでしまっているものです。

 

一つの例として、私自身のお話をしたいと思います。

私の母は、多くの母親と同じように愛情をもって育ててくれました。

それはよくわかっています。

愛情の表現の仕方として、結構厳しく、しつけに関してはスパルタでした。

私も女の子らしくなく、活発な子どもでしたし、

弟ともよく取っ組み合いのけんかをするぐらい元気な子どもだったので、

手を焼くこともあったのだと思います。

 

母はよく私に、女の子はこうあるべき、女の子らしくないと言っていました。

そうして私の中に刷り込まれていきました。

女の子らしくしなければ自分は愛されないのだ・・・と。

 

もちろん母がそれを意図して言ってはいないはずですし、

無条件に娘なので愛していたに決まっています。

 

でも、女の子らしくない自分が愛されるはずがない、

女の子らしくしないのは悪いことだ・・・という意識が

私の無意識の中に刻まれてしまい、それがブロックとなって

大人になってからも、そのブロックに苦しめられることになるのでした。

(もちろんそのことだけではなく、色んな要因が重なっているのですが…)

 

みなさんの多くが似たような経験をもっていませんか?

子どもは親が大好きなので、親から放たれる言葉というものには

私たちが想像する以上に子どもに対して力があるのです。

良くも悪くも・・・

 

私も子どもたちに対して、後悔しかないというくらい

巻き戻してやり直したい気持ちでいっぱいです・・・

 

別に女の子らしくなくても、やんちゃでも、おとなしくても、

頭が悪くても、運動ができなくても・・・

どんな子であっても親にとってはかわいい大切な子どもだし、

ありのままで愛されるべき存在ですよね。

 

でも、特に日本人はそれを子どもに伝えるのが下手で、

伝えられずに育ってしまった私たち大人もその傷を負ってしまっています。

 

もっと認められたかった・・・

もっと愛されたかった・・・

 

実はこの事が自分を満たすことができない大きな原因になっているのです。

 

こうしなければいけない、こうあるべき・・・

 

このブロックによって、私たちの多くが自分を満たすこと、

自分を愛することが悪だと感じてしまっているということに

気付いていないのです。

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

私はこうしたい

私はこれが好き

というものを素直に声に出し、それを選択する習慣をつけるのです。

 

すぐに得られるかはわかりませんが、身近なところからやってみるのです。

 

ごはんかパン、どっち?とかそんな簡単なことからでいいのです。

自分の好きなものを選ぶ。

そうやって少しずつ自分を満たしてあげるのです。

 

自分が満たされてくると、周りの物や人がどうあれ

幸せを感じられるようになるでしょう。

 

コップに入っている水が同じ量でも、

たったこれだけしかない・・・と感じるか

まだまだこれだけある・・・と感じるか

 

感じ方が変わってくるのです!

 

自分を満たす練習、いつからでも始められます!!

 

皆さんが幸せを感じられますように♡

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。